首吊り自殺方法の解説

 日本の自殺志願者は殆ど、首吊り自殺で死んでいる。その割合は実に八割程度もある。これは、凄い数字だ。公式な警察の発表する年間の自殺者数のみでも、約26000人程度(2016年時点)であり、また、変死者数の中にも、相当数、判明してはいないが実は自殺者だった、という者が沢山おるであろう。

 とにかく、首吊り自殺者というのは、日本では、とてつもなく多い。日本人ならば、死にたい、自殺したいと思った時、まずは真っ先に、首吊り自殺を連想するはずだ。


首吊り自殺の諸元表

 まあ、首吊り自殺の詳細なデータを、車のスペックのように表すのも、ちとどうかとは思うが、ここではあえて、分かりやすいように、首吊り自殺の各項目、特徴、首吊り自殺のメリット、デメリットを紹介していこうと思う。

 まずは、準備について。

 首吊り自殺で必要な事前準備とは

 まずは、紐が一本あればよし。でも、それは長さが重要だ。多分、20cmの紐では、実行不可能であろう。また、首を括るということは、その首一点で、身体の全体重を支えるということでもある。なので、紐や縄の強度も重要だ。とはいえ、現代の人工繊維ならば、大抵の紐状のものならば、普通体系の人体の体重程度ならば、余裕で支えられるであろう。

 また、紐や縄やロープがどこにも無い場合には、ベルトや電気コードでも代用可能だ。ただ、あまりにも鋭利というか、細いピアノ線のようなものだと、首が、首吊り実行後に切断されてしまうから、死後の見た目が醜くなることを気にされる自殺志願者ならば、ちゃんとした道具を用意した方がよい。

 首吊り自殺に最適な場所とは

 さて、首吊り自殺に最適な場所というのは、一体どこなのか?それは、誰にも発見されないような場所が最も望ましい。なぜならば、日本は、この狭い国土の、山脈地域以外の平らな地域に、膨大な人口が密集して住んでいる。私の住んでいる神奈川県であれ、さすがにここには来ないだろう、という場所であっても、人間がわらわら来るのだ。私有地でもない限りは、田舎ではない限り、どこでも他人が侵入してくる可能性がある。なので、首を吊っている途中で誰にも発見されない場所を見つけることが、一番最初の目標だ。それさえ達成できれば、もう九割方、首吊りは成功したといってもよい。

 首吊り自殺の死体について

 さて、肝心の首吊り自殺が成功したならば、あなたは即、死んだ瞬間から、首吊り死体となる訳だ。当然、死んだ瞬間より、絶対に自分の意思では、元自分の身体は動かせなくなっている。なぜなら、もう既に自殺霊となってしまっているから。

 で、その首吊り自殺死体なのだが、放置しておくと、当然、腐っていく。まさか、誰も入ってこない冷凍庫の中で首を吊るというわけにもいくまいから。当然、夏場ならば、屋外だろうが屋内だろうが無関係に、三日もすれば白骨化するかもしれない。冬場ならば、もう少し白骨化するまでに時間がかかるかもしれない。しかし、野生生物が死肉を食べたり、キノコが生えたり、目に見えない部分では、当然、微生物があなたの首吊り自殺死体を分解しまくっている。

 だからこそ、あなたの首吊り後の首吊り死体の処理の依頼を、誰かに事前にしておくべきだ。当然、首を吊る前に、誰かに伝えておいたならば、大抵の人は、あなたの首吊り自殺を止めようとするだろう。なので、手紙やEメールのように、時間差で相手に伝わるような手段を講じておくべきではないだろうか。じゃないと、例えば、賃貸物件の自室で首を吊って死んだのならば、当然、近隣住民に異臭が発生して判明してしまうだろうから。だけど、異臭がし出した後からの処理では、ドロドロに溶けたような首吊り自殺死体を誰かが処理しなければならないことになる。それは、さすがに可哀そうであろう。

 また、首吊り自殺死体というのは、身体中のありとあらゆる場所から液体が漏れ出るという。失禁したり、糞を漏らしたり、精液が出たりするらしい。また、舌や目玉が飛び出るケースもあるという。なので、綺麗に首吊り自殺で死にたい、という願望は、叶えられそうもないですね。そりゃ、そうだ。なにせ、自主的に自分の身体を殺す行為が首吊り自殺なのだから。そんな恐ろしいことをしでかそうとしているのに、綺麗な死体のままがいい、というのは、都合が良すぎじゃありませんか?

首吊り自殺の紐を引っかける場所について

 首吊り自殺の時に一番悩むのは、自分の身長よりも高い場所に紐やロープや縄を引っかけねばならない、ということだ。そのような場所は中々ない。都合のよい場所というのは、まあ、深夜の公園のジャングルジムとかならあるかもしれないが、それでも、深夜だろうが早朝だろうが、ジョギングとかテクテク歩いている人はいるわけだ。なので、やはり屋外だと、広大な私有地の中の小屋の中とかでない限りは、首吊り自殺中に他人の発見されてしまうリスクが高い。

 しかし、首吊り自殺で死ぬまでの時間自体はごく短時間しか要さないので、その数分間さえ見つからなければよい、とも言える。なので、思い切って、深夜の公園で首吊り自殺をするのも可能かもしれない。但し、絶対にいずれ、朝が来れば確実に発見されることになる。その時、第一発見者には強烈な光景を見せつけることとなる。

 まあ、でも、要は体重さえかけることが出来れば、首吊りで死ねるということだ。つまり、脳への血流を遮断すればよいのだから。なので、究極のことを言えば、わざわざ首を吊らなくても、自動的に首が締まっていくような装置を自作すれば、紐やロープや縄で首を吊らなくてもよい、とも言える。

首吊り自殺の種類について

 さて、首吊りと一口に言っても、種類があるのをご存知ですか。首吊り自殺のやり方として、たったの一種類しかない、という訳ではないのです。その違いを、ここで説明します。

 その違いとは、首を絞めて死ぬ場合と、首を吊って死ぬ場合の違いです。同じじゃないか、と思うかもしれません。しかし、首を絞めるというのは、体重をかけずに、又はあまり体重をかけずに首を絞めるということです。以前、とある女の受刑者が、自室のシーツを使用して、自分で自らの首を絞める、自絞死をしておりました。まあ、厳密に言えば、それは首を吊っているわけではないので、首吊り自殺とは言えないかもしれません。でも、一応、首吊り自殺と同じ原理で、脳への新鮮な血流を遮断した挙句、死に至るという自殺方法であります。

 次に、文字通り、首を吊って死ぬ場合です。これは通常、皆さんが想像する首吊り自殺のやり方そのものです。頸動脈と脊椎動脈内の大動脈の流れが寸断されて、脳細胞が酸欠になり、死滅する、つまり死ぬということです。で、なぜそもそも、首を絞めて死ねるのか?と申しますと、それは、首の部分は、中央に太い頸椎があるのみで、周囲を頑丈な骨で守られてはいないからです。つまり、あばら骨で守られている胸部のように頑丈ではなくて、軟なのです。だから、首吊り自殺の致死率は極めて高いのです。そう、人間の弱点を、紐という便利な道具と、重力という自然の力でもって、強制的に攻め立てるのです。だから、他の自殺手段に比べて、料金面でも、実行する難易度で見ても、安易に出来るのです。

首吊り自殺した時の苦痛について

 首を吊って死ぬまでの間は、時間にして、平均で数分間程度らしい。でも、人によりけりなので、もしかしたら、10分経過しても生きている人もいるかもしれない。そして、当然、死ぬまでの間は意識がハッキリしているだろうから、苦痛を感じ続けることとなる。

 その苦痛の経過はこうだ。

 まず最初に、目の前が閃光のような、チカチカと光る状態となる。これは丁度、眩暈がした時のような、あの感覚を覚える。次に、足が重くなり、意識が遠のく。この状態になるまでに、約50秒程度らしい。

 次に仮死状態になるらしい。この時に、身体中がビクビクと痙攣状態に陥る。つまり、全身が通常の生命維持活動が不可能となっていることを如実に表している。この時の首吊り状態を医学的に説明すれば、頸動脈及び脊椎動脈が分断されて、脳細胞への新鮮な空気及び血流が届いていないかららしい。

 また、首吊り自殺の時に、勢いづいて踏み台を蹴飛ばしたりすれば、その落下の衝撃で、首の関節が脱臼して、瞬時に心機能停止するらしい。また、呼吸機能もいかれてしまうという。

 また、前述の首を絞めた場合であるが、こちらは柔道の絞め技のような感じで、スーッと眠るように逝ってしまうらしい。つまり、どこからどこまでが有意識下で、どこからが無意識になるのかが、その分かれる瞬間なんて絶対に分からないないらしい。

 ただ、苦痛を伴うケースもあるらしいので、当然、覚悟せねばならない。まあ、どっちみち、自殺志願者が首吊り自殺を試みた時点で、何の苦痛も感じたくない、というのは、大きな甘えと言っても過言ではない。但し、どのような猛者であれ、流石に首を吊りだして12分程度が経過してしまえば、もう絶対に死んでしまうそうです。




以下、首吊り自殺のまとめ

首吊り自殺方法



自殺志願者は絶対にクリックせよ!
クリック→
自殺してはならない理由

[首吊り自殺方法と首吊り自殺未遂、首吊り自殺について]で死にたい人への案内


[首吊り自殺方法と首吊り自殺未遂、首吊り自殺について]検索者への案内
自殺ダメ案内板

自殺の前に真実を知ろう!
クリック→自殺ダメ


首吊り自殺方法と首吊り自殺未遂、首吊り自殺についてとは

 首吊り自殺方法とはつまり、首を吊って血流を遮断して自殺する死に方のことです。これは日本国内ではごく一般的な自殺方法です。割合で言えば、毎年の自殺者の内、約六割程度が、この首吊り自殺で死んでいます。但し、致死率がとても高めなので、失敗するケースは稀です。

首吊り自殺未遂にならない為に[三つの守るべき事項]

①首吊り自殺している最中、誰にも発見されない場所を確保しておく
 日本は狭い土地に大勢が住んでいる国なので、至る所に人間が沢山います。それは山の中であれ同様です。私は以前、動画の撮影で、とある田舎の川まで行きました。そこはさすがに人は来ないだろう、と思っていたのですが、直ぐに赤の他人が現れました。動画撮影は中止となりました。そのように、突発的に、人が来ないであろう箇所であれ、誰かしら来てしまうのです。本当に、日本中、人だらけなのです。なので、首吊り自殺中に誰にも発見されない場所の確保が、事前準備の中で、最も重要です。なにせ、途中で救助されたら、一生、重度の身体障害者として生きていかねばならなくなるのですから。そのくらい、首吊り自殺というのは、脳及び身体に重大なダメージを与えうる自殺方法なのです。

 だからこそ、まあ、致死率が極めて高いので、日本人に重宝されているのですが。

②ロープ類の素材は頑強なものを用意する
 首吊り自殺に使用するロープ類は、なるべく頑丈な素材を選択しましょう。大体の人間の体重は約100kg以下ですが、その程度の重みであれ、案外、脆い素材であれば、首吊りの途中で切断されてしまうでしょう。なので、強い素材を選択するのは理に適った選択です。誰かに発見されて警察や救急車を呼ばれて中断させられた、というのならば、他人のせいに出来ます。しかし、自分が選んだロープや紐や縄が原因で、途中で切断されて首吊り自殺が失敗に終わった、となれば、それは悔やんでも悔やみきれません。たった一本の首吊りが可能な程度の長さのロープ類であれ、その選定の努力を怠れば、案外、そこから失敗の原因が発生してしまうかもしれないのですから。

③首吊り自殺の苦痛をなるべく緩和かつ短縮する工夫をする
 首吊り自殺というのは、他人の介助を必要としない自殺方法だ。だからこそ、自分一人だけが苦しむのだから、別にいいじゃないか!と思うかもしれない。でも、流石に、首を吊ってから死ぬまでの数分間とはいえ、とても苦しい思いをするのは、その死にたい自殺志願者自身なのだから、痛みを緩和する措置を少しでも取るべきだ。なので、首に巻くロープや紐や縄の内側に、タオルや布をそっと敷くという工夫も必要かもしれない。そうすることにより、首を吊っている時の死ぬほどの苦痛を、多少は緩和させる効果が期待できるかもしれない。

首吊り自殺方法のやり方

絶対に首吊り自殺が成功する方法[失敗しない首吊りの仕方]

 さて、世の中には、いかに致死率の高い首吊り自殺とはいえ、やはり失敗してしまう自殺志願者も多数いるのです。例えば、睡眠薬自殺の場合ならば、死ねる確率がとっても低いのです。でも、その代わり、たとえ自殺未遂に終わったとしても、元の健康な身体を取り戻して社会生活を営める可能性は極めて高いのです。しかし、首吊り自殺の場合、人体の中の[脳]という、最重要器官を直接的に破壊する超危険行為なので、もしも首吊り自殺に失敗したならば、もう、元通りになる可能性は、極めてゼロに近いのです。つまり、致死率の高い首吊り自殺方法という死に方は、同時に、もしも助かった場合に、重度の身体障害者、或いは知的障害者、或いは精神障碍者、又はそれら二つか全部を併せ持つような、とっても苦しい状態に置かれてしまう可能性が極めて高い、ということなのです。

 首吊り自殺方法とは、脳を直接に破壊する行為なので、致死率が高い。脳は人体の中で最重要な器官なのであるから。脳は、思考を司るのみならず、身体の隅々まで電気信号を送り、自律神経を保つ役割も司っているから。その司令塔を破壊されたならば、人体が元通りの正常に戻れなくなる、というのは、至極納得頂けると思う。

※インターネットの自殺系サイトに、首吊り自殺が最も簡易的で成功率が高い自殺方法だ、と書かれていました。しかし、自殺サイトの管理人というのは、あなたがたとえ、その自殺サイトに書かれている情報を信じて首を吊って失敗して重度の身体障害者となって暮らさねばならなくなったとしても、何の法的な責任も取らなくてよい、お気楽な立場なのです。だからこそ、インターネット上の首吊り自殺も含めた各種の自殺に関する情報を鵜呑みにすることは止しましょう。


首吊り自殺で成功する人と失敗する人の違いとは?[首吊り自殺の成否を決める要因について]

 さて、首吊り自殺を失敗すれば、悲惨な事態になるが、具体的には、どのような身体的な状態になるのか?まず、とある首吊り自殺を失敗した有名人のケースで説明しよう。彼は、深夜の自室で首を吊ったが、失敗した。そして脳の障害を負い、今は車椅子暮らしらしい。とにかく、脳細胞というのは、一度破壊されれば、二度と復活することは不可能だから。身体の他の部位の細胞ならば、毎日死んだり、新しく生まれたりしているが、頭蓋骨の中に納まっている脳細胞のみは、絶対に新たに生まれることはない。だからこそ、人体の中で最も固い頭蓋骨で頑丈の守られているのだから。

 その首吊り自殺が失敗した有名人でも、詳しい首吊り場所は、自宅の中の階段の柵に紐を通して首を吊ったらしい。でも、一人暮らしではなく、家族同居の家で首吊りなんてしたものだから、直ぐに異変に気付いた奥さんが来て、その首を吊っている最中の旦那を直ぐに救助した。その後、救急車で運ばれた、というわけだ。まあ、助かったから良かったではないか、とも言えるが、その首吊り未遂者は、深刻なダメージを自身の身体に受けたのだった。その人は一般人に比べたら金持ちなので、多少は金銭的な余裕があったろうから良かったかもしれない。しかし、貧乏な人が首吊り自殺を試みて失敗して重度の障害者になってしまったならば、治療費や、その後の定期的な通院費、そして介護費用も含めて、とてもじゃないが払い切れない金銭的な負担が発生してしまうであろう。

 なので、首吊り自殺が成功するか失敗するかの違いは、ズボラな性格というか、突発的な発想で直ぐに実行してしまう浅はかさとか、そういった浅はかさが原因であろう、と推測されます。

 首吊り自殺は致死率がとても高いが故に、事前に、入念に、首吊り自殺場所も含めて準備をしておれば、まず失敗はしないでしょう。そこら辺に、首吊り自殺志願者の失敗する人と成功する人の要因の差があると思います。



絶対に成功する首吊り自殺の方法


①首吊り自殺をする場所を選定する
 絶対に、自分が首を吊っている最中に誰も来ない場所及び時間帯を事前に入念に調べ上げてから、首吊り自殺を実行しましょう。

②首を吊る道具はお金を惜しまずに!
 一応、安物の道具類、まあ、100円ショップで売っているようなものであれ、代用品とはなりうるのです。でも、今まで生きて来た自分が、まさに首を吊って自殺しようとしているその時に、首吊り自殺の道具をケチってどうするのか?もしも道具の良し悪しの差で、首吊り自殺が成功するか失敗するかが決定するならば、悔やんでも悔やみきれないでしょう。

③首を吊る為の紐や縄やロープを引っかける場所を選定する
 やはり人間の全体重を首に引っかけた紐経由でその箇所にかけるのですから、ある程度、丈夫な箇所でなければなりません。100円ショップで売っているフックにも耐荷重表記があるように、何にでも耐荷重の限界があるのですから。なので、自分の全体重が首吊り自殺中にそこにかかっても壊れないような場所及び箇所を事前によく下調べしておきましょう。

④自分が死んだ後の死体を発見してもらうように、事前に手配しておく
 時間差で誰かしらに発見してもらえるように、封筒などで、身近な人宛てに手紙を出しておきましょう。しかしハガキの場合、思いっきり郵便配達人とかに見られてしまうので、途中で阻止されてしまう危険性があるので、止めましょう。また、時間差でEメールが発送されるような手筈でもよろしいでしょう。

⑤踏み台は頑丈なものを用意しておく
 
引っかける紐の部分にばかり注目がいきがちですが、下を首を吊る直前まで支えている台に関しても、頑丈なものが求められます。また、足場はなるべく広いものがよいでしょう。あまりにも面積が狭いと、途中でミスして、中途半端な態勢で首を吊ることになってしまう危険性がありますから。

⑥自分の葬式代くらいは用意しておきましょう
 自殺志願者は、とにかく首を吊ることにばかり思考が集中しがちですが、あなたが死んだ後も、この世の生きている人達の生活は続くのです。だからこそ、もう死んだから現世のことには無関係だぜ!という気持ちではなく、事前に自身の葬儀代程度は、何らかの形で用意しておきましょう。

首吊り自殺に必要な道具類一式:ロープや紐や縄、無ければベルトやスカーフでもよし。但し、素材の耐荷重に注意。あとは踏み台。ドアノブを使用した首吊り自殺のケースならば不要。
首吊り自殺に最適な時期:年中実行可能ではあるが、流石に冬場の雪国の屋外などでは、寒くて、首吊り自殺どころではなくなっているだろう。
首吊り自殺後の首吊り死体の始末:誰かに頼んでおくべし。時間差で知らせる方法もあるよ。

[首吊り自殺方法]の動画