自殺方法専門サイト
死にたい自殺で楽に死ぬ方法 自殺楽に死ぬ 自殺楽に死ねる方法



自殺志願者は絶対にクリックせよ!
クリック→
自殺してはならない理由



[死にたい自殺で楽に死ぬ方法 自殺楽に死ぬ 自殺楽に死ねる方法]検索者への案内
自殺ダメ案内板

自殺の前に真実を知ろう!
クリック→自殺ダメ


死にたい自殺で楽に死ぬ方法 自殺楽に死ぬ 自殺楽に死ねる方法とは

 自殺で楽に死ぬ方法とは、一体何なのか?それはつまり、あまり、痛覚を刺激せずに安楽に死ねる死に方、ということだ。しかし、そんな自殺方法が果たしてあるだろうか?なぜならば、人間が自殺する、という一言こそ、究極の生命への反逆だからだ。

 自然界での動物の場合は、通常は、異常行動を除いて、自殺行為などしないものだ。自然淘汰はあれど、自ら命を捨てることは通常、考えられない。しかし、人間の場合は、恐ろしい割合及び確率で、死にたいと思い、その中のある者達は、実際に自分の命を自らの手で自殺行為により捨て去ってしまうのだ。

死にたい人が自殺で楽に死ねる方法[三つのこだわり宣言]

①まず、一体どんな自殺方法が最も楽に死ねるのか?それを見極めることが大事だ
 死にたいと一口に言っても、それぞれみんな、死にたいと思うに至った状況は異なるのだ。千差万別な、その人生模様において、一体、死ぬに際して、何を最重要視しているのか?という問題がある。

 当然、金欠で死にたいと思っている者ならば、あまり金銭的な負担はない首吊り自殺などの死に方を望むであろう。そのように、自然に死ねること以外の死に方を望む輩ならば、死ぬに際して、通常は悩まなくて済むような、余計なことまで考えてしまうのだ。

②楽に死ねる方法の模索
 さて、最も楽に死ねる方法とはいかなる自殺方法であろうか?それはつまり、一瞬で片が付く、瞬時に死ねる自殺の死に方であろう。果たして、そんな死に方があるのだろうか?

 とはいえ、やはり身近にあるもので、また、身近な場所にて、楽に死ねる方法でなければ、意味がないのだ。そういう点を鑑みて結論付ければ、やはり練炭自殺しかないのではないでしょうか?

③楽に死ねる方法は練炭自殺なのか?
 練炭自殺とは何か?それはつまり、七輪に入れた練炭を燃焼させ、発生した一酸化炭素で中毒死を目指すという、平成以降、急激に一般化した新手の自殺方法である。ただ、これは道具が必要とはいえ、練炭自殺に必要な道具類の値段など、一式揃えても、総額一万数千円程度であろう。勿論、七輪が無ければ、鍋とかでもよかろう。

 とにかく、密閉空間、自宅ならば風呂場が最適かもしれない。そこをガムテープで密閉し、内部で練炭を燃焼させ、一酸化炭素を大量に発生させて、中毒死する。と、まあ、これが、自宅内で実行可能な、最も効果的に死ねる、最も楽に死ぬ方法なのかもしれないな。


自殺で楽に死ぬとはどういうことか?

楽に死ぬことの定義[各種の自殺方法に関して]

 そもそも、楽に死ぬということの意味について考えてみよう。人は古来より、なるべく楽をしたいと考えて、文明を発展させてきた。究極の結論としまして、洗濯機が挙げられる。洗濯も、ちょっと前までは、肉体労働だったのだ。しかし現代は、洗濯は洗濯機で、乾燥は乾燥機ですれば、あとは畳んで仕舞う作業のみしか、肉体労働は存在しない。これこそ、究極に楽を実現した事例であろう。

 そのように、人は出来る限り楽をしたいと思う生き物であり、それは自殺に際しても同様な思いを抱くのは当然なのだ。

 死にたい人が自殺に際して楽に死にたいという気持ちは、それまでの、死んでしまいたいと思うに至った人生の苦難の思いが凝縮された結果なのかもしれない。とにかく、死にたいと思うことのみが自殺行為なのではない。あくまでも、生きる意志を放棄した瞬間から、それはもう、楽に死ぬ方法の模索が始まっていると言っても過言ではないのだ。

※自殺で楽に死ねる方法など、本当はないのです。だって、折角、一瞬で自殺が完遂できたとしても、その後、自殺で勝手に人生を放棄した罪により、自殺霊となり、その後、超長期間、苦しみ続けることとなるのですから。


理想的な楽が出来る死とは[苦痛をあまり感じずに死ねる自殺方法について]

 まったく、自殺志願者が選ぶ自殺方法というのは、理に適っているものだ。痛むはずの焼身自殺や、寒すぎるはずの凍死自殺や、ずぶ濡れになって、尚且つ寒い筈の入水自殺の方法は、全然人気がない。しかし、首吊り自殺の方法などは、大人気だ。実に自殺方法別シェアが六割程度であろう。日本国内では圧倒的である。

 なぜ、首吊り自殺がこうも人気なのか?それは、楽が出来る理想的な死に方だからだ。そう、首吊り自殺とは、費用もかからずお手軽に死ねて、尚且つ、致死性も十分に高い、とてつもない発想の自殺方法なのだ。こんな自殺手段は、他にはない。一応、飛び込み自殺や飛び降り自殺も十分に致死率が高いが、こちらは、他者に大迷惑をかける確率がとてつもなく高いので、やはりダメです。いくら楽な死に方であっても、他者の人生を破壊してしまうような死に方は、きっぱりと拒否しましょう。

自殺で楽に死ぬ方法六選


①やはり一番人気は首吊り自殺か?
 ここはつまり、首を吊る方法が一番人気であろう。それは、経済性の安さ、そして確実性、そして実行に際して心理的な負担があまりないことが挙げられます。故に、自殺で楽に死ぬ方法として、最も採用率が高い結果となっております。

②飛び降り自殺も楽に死ねる確率が高い
 飛び降り自殺に関しても、致死率は異常に高い。ただ、高さが足りなかったり、下にクッション性の素材、例えば駐輪場のプラスチックの屋根などがあった場合、たとえ高所から落下したとしても、複数個所の骨折程度で済んでしまう可能性がある。但し、いくら楽に死ぬ自殺方法だと言っても、飛び降り自殺の場合、その物件の資産価値を著しく下落させてしまうとか、とにかく大勢の他人に大迷惑をかけることは必至である。どうせやるなら、大自然の中の崖からするべし。

③電車に飛び込み自殺することも楽な死に方か
 例えば、朝の通勤ラッシュとかに、大迷惑なんですけど、とにかく電車に飛び込み自殺をする輩がいるよね。そういった人達も、頭の片隅では、他人に大迷惑をかける、ということは分かっているのでしょう。ただ、今すぐに楽に死にたいという欲求が勝ってしまい、ついつい、近づいてくる電車へと吸い寄せられてしまうのでしょう。

 私も時たま、自殺志願者ではないのですが、駅のホームで待っている時に、ふと、近づいてくる電車に飛び込んだら、どうなるのかな?なんて思ってしまいます。まあ、そういう私も、今現在の人生は、とてもじゃないが、楽しいとか、楽だと思えるような人生ではないもので・・・。

④やはり王道は練炭自殺なのでしょうか?
 楽に死ねる自殺方法の代表格が、練炭自殺でしょう。とはいっても、以前あった自殺ニュースで、自動車の中で、自殺サイトの自殺掲示板経由で知り合った見知らぬ赤の他人同士で、いきなり山中の深夜の駐車場にて練炭自殺を実行したらしいのです。けど、その内の若い女ただ一人のみ、途中で苦しくなって、ドアを開けて脱出し、無事に助かったらしいのです。残った二人の男は、そのまま亡くなったようです。

 このように、道具の用意とか、実行する心理的なハードルの低さとかは楽に死ねるポイントなのですが、練炭自殺というのはやはり、途中退席してしまう位、苦しいものなのですね。まあ、生きようとしている自分自身の身体を強制的に自分の意思で殺そうとするのが自殺なのですから、当然でしょうな。

 とにかく、練炭自殺方法も、けっして楽に死ねる方法ではない、ということだけは自覚しておきましょう。

⑤硫化水素自殺は、究極の反[楽に死ねる方法]である
 まあ、一昔前に流行した、硫化水素自殺の方法というのがある。これはつまり、硫化水素を大量に発生させて、その硫化水素の強烈な毒性により、数時間以内に自分を殺す自殺方法のことである。但し、これは当初、インターネットで自殺方法が広まったのだが、最初は、[とても楽に死ぬ方法]として、2ちゃんねるの自殺板や、自殺サイトにて紹介されていたのだ。しかし、現実に、この硫化水素自殺を実行した自殺志願者達は、みんな、地獄の苦しみを味わいながら、苦悶の内に死んでいったという。

 つまり、インターネットの情報などは当てにならないことも多々ある、ということだ。なので、ネットの情報やデマを鵜呑みにするのは止めましょう。

死にたい人向けに、一番お勧めの楽に死ねる方法とは?
結局、一番楽に死ぬことが出来る自殺方法というのは、まあ、自殺以外で死ぬことでしょう、という結論でした。終わり。

●自殺で楽に死ねる究極の方法は?:そもそも、自殺するなって話だ。生きよ!
●自殺で楽に死ねる季節とは?:冬は寒いので向いていない。春先なら、気分も一新されるので、もしかすると、自殺する気が失せているかもしれないので、春先まで待ちましょう。桜とか新緑を見れば、楽に死にたい気分が吹っ飛んでいるかもしれないから。
●楽に死ねる方法の結論:つまり、首吊り自殺が、最も妥協できる最適な方法なのではないかな。