自殺方法専門サイト
死にたい寝ながら死ぬ方法 楽に死ぬ方法 楽な死に方



自殺志願者は絶対にクリックせよ!
クリック→
自殺してはならない理由

 

[死にたい寝ながら死ぬ方法 楽に死ぬ方法 楽な死に方]検索者への案内
自殺ダメ案内板

自殺の前に真実を知ろう!
クリック→自殺ダメ


死にたい寝ながら死ぬ方法 楽に死ぬ方法 楽な死に方とは

 死にたい人が夢想すること、それは、ポックリと寝ながら死ぬことだ。なぜならば、有意識下では、やはり恐怖心というものが存在するから。日頃から常に死にたい死にたいと感じたり発言していたりしても、いざ自分がその自殺の瞬間を迎えたならば、やはり首を吊るにしても、ビルやマンションから飛び降り自殺するにしても、電車に飛び込み自殺するにしても、個人差はあるが、生命を捨て去ることへの恐怖心というものが存在するからだ。

 その点、寝ている内に死ねたならば、それは無意識の内に死んだということで、とっても心理的に楽になりますね。それを狙って、インターネットで[寝ながら死ぬ方法]などで検索していたのでしょう。

寝ながら楽に死ねる方法など、あるのか?[三つの検証]

①まず、就寝中に死ねる自殺方法を考える
 まず、寝ながら死ぬ方法と言ったって、そもそも、寝ながら、夢遊病状態で、首吊り自殺などは出来ない。私は夢遊病などてんで知らないが、多分、あっても徘徊する程度であろう。わざわざ昼間に首吊り台と首吊り用の輪を用意していたとしても、夢遊病状態でそこに首を突っ込んで死ぬなど考えられない。そんな事例はてんで聞いたことがないからだ。

 ということで、必然的に、寝ながら死ねる自殺手段とは、薬物系しか思いつかない。刃物や拳銃で肉体を傷つけるにも、有意識下での意思が必要だから。その点、服毒自殺の場合は、時間差攻撃により、眠っている間に死ねる可能性が高い。

②楽な死に方で、寝ながら死ねる方法を考える
 最も楽な死に方とは、一瞬で死ねる方法、つまり、苦痛を全く感じることなく死ねる自殺方法のことである。但し、寝ながらとなると、いかなる薬物であれ、刹那の間に死ねるというものはない。やはり、内臓なり血管なりを通って全身に致死性の物質が行き渡る時間差が生じるからだ。故に、どうしてもある程度の時間はかかってしまうと考えねばならない。

 ということで、睡眠薬を同時に摂取することが肝要だ。睡眠薬単独では死ねることは稀だ。しかし、身体を壊せる超有毒物質と併用して睡眠薬を飲んで、グッスリと眠っている間にその毒性物質が全身に作用して、その結果、眠りながら楽に死ねる、という結末ならば、十分に考えられるのではないだろうか?

③では、寝ながら楽に死ねるであろう毒性物質など、この世に存在するのか?
 それは、あるだろう。なにせ、世界で唯一であろう、安楽死が合法的に認められているスイスがあるのだから。今では、世界中から、安楽死を望む末期癌患者等が、スイスにわざわざ大金を支払ってまで、安楽死に赴いているらしい。当然、そこでは安らかに眠りながら死ねるような、スーッと息が段々と絶えるような、そういう薬剤が開発されて投与されているに決まっているのだ。

 だからこそ、詳しくはスイス人に尋ねてみるべし!


寝ながら死ぬ方法のこだわり

まず、寝具は布団とベッド、どっちがよいのか?[なるべく楽な姿勢で死ぬ為に]

 つまり、日本人ならば、和室で布団の中で死ぬべきだ、ということだ。ベッドの上で寝ながら死ぬことを試みれば、日本人の場合、寝相が悪い人が多いので、折角、薬剤が効いてきてすんなりと死ねるという瞬間に、ゴロッと寝がえりを打って、下の床に激突してしまうかもしれない。そうして頭を打って死んでしまうかもしれない。まあ、それならそれで、自殺が達成されたのだから、良しとしよう。けども、そうなると、死因は寝ながら死ぬ方法ではなくて、寝ながら激突死する方法に、お題が変化してしまったことになるな。残念。

 寝ながら死ぬ方法とは、都合の良すぎる妄想だ、ということだ。そもそも、自然死であっても、人は寝たきりを数年間続けて死ぬよりも、寝る前まで元気で、寝ている間に心臓発作とかでポックリと死ねることを希望している老人は多い。だが、現実問題、そんな都合の良すぎる死因で死ねた老人は少数派である。それならば、老齢でもない、若年者や中年者が、寝ながら都合よく死ねるなど、それこそ、宝くじで一億円当選するよりも、遥かに厳しい確率なのだから。

※つまり、寝ながら死ねる方法などは、考えないことだ。そもそも、どうやって寝ている最中に自身の生命力を遮断するのか?そんなことは無理だ。自分の有意識下での思いは、いくら死にたいと思っていても、身体の細胞一つ一つは、生きることを望んでいるのだから。

 寝ながら死ぬことを希望する、ということは、身体の生命としての意思とは正反対の方向に進むことを希望するということで、かなり厳しい。エスカレーターを逆走するくらい、無謀な挑戦だと言っておく。


寝ながら楽に死ねる方法の新規考案[服毒自殺・服薬自殺以外の寝ながら死ねる方法について]

 さて、寝ながら死ねる方法に必須の薬物関連の入手方法については、医学関係者以外には無理であろう。では、それ以外に、寝ながら死ぬ方法というのを、私が新規に考案したいと思う。それは、次のようなものだ。

 

寝ながら死ぬ自殺方法


①寝ている状態で首を吊る方法
 これは、つまり、三日間くらい不眠不休で活動しまくる。そうすれば、もうフラフラになっているはずだ。そして、首吊り用の台と輪を用意しておく。そこに首を突っ込んで、そのままストンと睡魔に負けて眠ってしまう。すると、確かに首吊りの痛みは感じるのだが、同時に睡魔も襲ってきて、完全な覚醒時の痛みに比べて、三割程度の苦しみで逝ける、というわけだ。ただ、この情報の真偽は不明である。

②寝ながら電柱に自動車で激突して死ぬ方法
 これは、公道ですると、他人を巻き添えにしてしまう危険性がとてつもなく高いので、私道を持っている人のみ実行可能な自殺方法と言える。というのも、やはり四日位不眠不休で活動して、もう睡魔に99%負けて、まさにストンと深い眠りに落ちてしまいそうだ・・・という時点で車に乗り、ある程度速度を出した状態で、近くの電柱に突っ込む、という自殺方法だ。

 これだと、確かに寝ながら死ねたことにはなるのだが、多分、保険金は下りないな。無念。

③寝ながらお菓子を食べまくって死ぬ方法
 寝ながらうまい棒などのお菓子を沢山食べれば、胃が詰まって、簡単に死ねるぞん!

④寝ながらパラシュート無しで高度一万メートルより飛び降り自殺する方法
 まあ、有意識で飛び降り自殺したならば、地面に激突するまでの一分間程度の間は、そりゃ、いつ死ぬか、いつ死ねるのかで、ソワソワしなければならない。しかし、眠りながらならば、そんな心配は不要だ。瞼を閉じた状態のまま、いつの間にか死んでいられるであろう。

⑤究極の楽に寝ながら死ぬ方法とは・・・
 もうね、そんなに寝ながら死ぬことに拘り抜くつもりならば、いっそのこと、棺桶に生きたまま入って、そのまま他人に埋葬してもらって、即身仏を目指しましょう。まあ、偉いお坊さんでもないので、誰からも尊敬されないと思いますが。とにかく、これならば、出ようと思っても、深夜の墓地で叫んでも、土の層に邪魔されて、声が外部に聞こえないし、直ぐに空気も無くなるので、有意識下だろうが無意識下だろうが、結局のところ、直ぐに寝た状態のまま死ねるという訳だ。


⑥寝ながら死にたいと思う心理状態の説明
 つまり、寝ている間に楽に死にたいということは、文字通り、出来るだけ苦痛もなく、楽にこの世を去りたい、ということの裏返しなのであります。死にたい人というのは、とにかく苦しいことは嫌いなのです。だからこそ、とにかく、生きている間に死ぬことを考えた場合に、寝ながら死ねたら、さぞかし楽だろうなぁ・・・と考えるわけです。

 つまり、痛いこと、辛いこと、苦しいことを極度に嫌う性格なのですね。

●寝ながら死ぬ極意とは:そんなものはない。
●寝ながら楽に死ねる方法の一番手は:やはり睡眠薬を併用することでしょうか?
●寝ながら死ねる確率:ごく低確率。ほぼ、そんなことはない。寝ながら楽に死ぬことなど、期待しないように!