自殺方法専門サイト
死にたい今すぐ死ぬ方法 楽な死に方 早く死ねる方法



自殺志願者は絶対にクリックせよ!
クリック→
自殺してはならない理由

 

[死にたい今すぐ死ぬ方法 楽な死に方 早く死ねる方法]検索者への案内
自殺ダメ案内板

自殺の前に真実を知ろう!
クリック→自殺ダメ


死にたい今すぐ死ぬ方法 楽な死に方 早く死ねる方法とは

 死にたい人が最も重要視する項目は一体何か?費用面なのか?確かに、多大なる金がかかりうる自殺方法よりも、安く済む自殺方法の方が、より好ましいであろう。しかし、実はそうでもない。世の中には、金はあるのに楽な死に方で死のうと思っておる自殺志願者もいる。中には、とある科学者などは、自力で大掛かりな自殺装置を作り上げて、スイッチを押せば、矢が自分の胸に刺さる、というような機械を開発した博士もいたようだ。

 そんなこんなで、世の中の大半の自殺志願者達が切に望むこと、それは、早く楽に死ねる方法のことである。今すぐ死ぬ方法とも言い換えられる。すなわち、時間の項目が最重要なのだ。最短時間で絶命できるか?ということが、必須項目なのだ。

死にたい人が今すぐ死ねる方法で重要なこと

①絶命まで何分間かかるのか
 さて、出来る限り早く死ねるということは、死ぬまでの苦痛をいかに減らせるか?ということでもある。昔の人が拷問を恐れたのは、死ぬからではない。死ぬまでにとてつもなく苦しい思いをするからだ。それが本音なのだ。人は誰しも、出来る限り苦しい思いはしたくないものだ。それが、楽な死に方を徹底して追い求める姿勢に繋がるのだ。

 だからこそ、絶命までにかかる時間、いや、秒にして何秒かかるのか、が重要なのだ。死にたい人は、一秒でも苦しい思いなど、短縮したいのだから。

②楽な死に方の中でベストな自殺方法は
 楽な死に方とはすなわち、あまり緊張せずに、楽な姿勢で死を迎えられる、というのが理想なのだ。だからこそ、病院の末期癌の患者などは、痛み止めを服用するものだ。誰しも、身体的な痛みを長時間、死ぬまで感じていたい、などという人はいないであろう。

 そういった観点から考えるに、せいぜい、死ぬまでに許せる自分が痛みを感じ続ける時間というのは、ものの数分間、出来れば一分半程度が限界であろう。その程度ならば、秒にして90秒なので、どうにかそれだけ苦しい思いを我慢すれば、絶命できる、ということで、首吊り自殺が大人気となっているのだ。首を吊れば、その程度で死ねるから。逆に言えば、もしも首を吊ったとしても、三時間も四時間も地獄の苦しみを感じた末にようやく死ねる、となったならば、誰も首を吊ろうとはしないであろう。


③今すぐに死ねる自殺方法ということに拘った結果・・・
 まさに、飛び込み自殺というのが、今すぐ死ぬ方法の極致といっても過言ではない。なぜならば、駅のホームに月曜日などにサラリーマンや学生がおって、ふと後方を見れば、プラットフォームに侵入してくれる電車がある。それに飛び込めば、楽に死ねる、少なくとも、今の苦しい状況からは解放される・・・と感じるのであろう。故に、電車への飛び込み自殺志願者というのは、計画を練りに練った末の実行ではなく、単にフラッとした気紛れで自殺してしまった、その場の咄嗟の悪い判断の結果であるケースが多々あるのだ。


早く死ねる方法のこだわり

瞬間的に早く死ねる方法とは何か[出来る限り苦痛のない自殺方法で]

 とにかく最速で死にたい。首吊りなど論外、たとえ一分間程度であれ、自殺にかかる苦しみなどは一瞬たりとも味わいたくはない、という人には、やはり激突系しかないのではないでしょうか?アメリカとかなら、拳銃自殺が可能なのですが。しかしここは銃規制の国、日本です。一応、猟銃の所持は合法ですが、わざわざ自殺する為に、猟銃の所持免許の取得など、誰もそこまでする活動力など、もう今すぐにでも死にたい人には残っておらんでしょう。

 今すぐ死ねる方法の代表格、それは、日本国内で限定して考えるならば、飛び込み自殺系の自殺方法でしょう。だからこそ、何も考えずに、朝の通勤ラッシュの時間帯に、人の迷惑などお構いなしに飛び込む自殺志願者が多発しているのです。

※電車に飛び込むということは、手足がもげたり、内臓がドバッとはみ出たりして、グチャグチャな死体とにって死ぬ、ということです。当然、即死でしょう。つまり、それが今すぐ死ぬ方法に繋がるというわけです。死ぬまでの時間も、多分、一秒やら、0.5秒程度でしょう。でも、たまに、身体がグシャグシャになっても生きている人がいますので、そうなったら、当然病院に担ぎ込まれて蘇生措置が取られるのです。その場合、たとえ生存したとしても、飛び込み自殺をする前よりも、更に酷い事態になっているでしょう。


今すぐに死ぬ方法[一瞬で片が付く自殺方法とは?]

 早く死ねる方法というのは、つまり一瞬で死ねればよいわけだ。死ぬまでに、何分も何時間もかかっているようじゃあ、それは優秀な自殺方法とは言い難い。故に、自殺志願者達は自殺の短縮化に躍起なのだ。

 で、それは一体何なのか?と言えば、つまり溶鉱炉に落ちるとか、絶対に死ねる高度より落下して、パラシュートなしで地面に激突するとかしかないのではないか?それならば、致死率100%と言ってよいであろう。とにかく、痛みを感じずに死ねる方法というのが、楽な死に方なのである。その早く死ねる方法を実行するまでは、心理的な圧迫感はあるだろう。しかし、一度、そこから飛び降りてしまえば、もう絶対に、途中で助かる見込みはゼロなのだから。

今すぐに死ねる自殺方法のベスト6


①溶鉱炉に落ちる
 でも、どうやって溶鉱炉に侵入するかが問題。代わりにマグマ、溶岩の中に突撃する、というのもあり。

②拳銃自殺で即死
 ヤクザから拳銃を入手するのがベストだが、ヤクザの事務所なんか行きたくないので無理。

③爆弾を抱えて吹っ飛ぶ
 爆発物なんて持っていたら、警察に逮捕されてしまうので、無理です。


④楽な死に方だと言って、自分を信じ込ませて首吊り自殺をする

 これならば、たとえ数分間苦しもうとも、何とか精神は耐えられるかもしれない。

⑤今すぐに死ねる方法を考えるくらいならば、生きることを考えよ!
 結局は、これしかない。死ぬことばかり考えずに、生き残ることを優先的に考えた方が良い。


それでも早く死ねる方法がお好きなら、どうぞ勝手にして!
 最後は結局、個人の意思ですので、他人である私には、もうどうすることも出来ません。楽な死に方で死のうが、今すぐ死ねる方法で自殺しようが、もう構うもんか!


●今すぐ死ぬ方法のベストな自殺方法:やはり首吊り自殺が定番か・・
●早く死ねる方法の定番:やはり一刻も早く死ぬには、自分の決意を固めることしかない
●楽な死に方とは:それは自分の心が決める。焼身自殺であれ、楽だと思えば、心頭滅却、火もまた涼しとなるであろう。チベットで抗議の意味での焼身自殺をするお坊さんのように、微動だにせずに、焼身自殺を遂げられるであろう。