自殺方法専門サイト
死にたい確実に死ぬ方法 確実死方法 簡単に死ねる方法



自殺志願者は絶対にクリックせよ!
クリック→
自殺してはならない理由

 

[死にたい確実に死ぬ方法 確実死方法 簡単に死ねる方法]検索者への案内
自殺ダメ案内板

自殺の前に真実を知ろう!
クリック→自殺ダメ


死にたい確実に死ぬ方法 確実死方法 簡単に死ねる方法とは

 死にたい人が確実に死ねる方法というのがこの世に存在するのか?それは所謂、致死率の高い自殺方法、ということだ。

 なぜなら、失敗する確率が滅茶苦茶高い死に方というのは、つまり、確実性の低い死に方ということであるから。

確実に死ねる自殺方法について[三つのこだわり宣言]

①まず、前例を調べよ!
 つまり、どの自殺方法がどれだけの致死率なのかは、今までの前例を調査すれば全て判明することだ。勿論、各個人において、体の生命力も違うので、例えば服毒自殺にしても、虚弱体質の者は、頑強な者に比して、直ぐに死んでしまうであろう。

 だからこそ、数万、数十万件にも及ぶ、過去の自殺者のデータを精査して、どの死に方が最も効果的に自分の命を奪うのか、を調査せねばならない。それが確実に死ねる確率を飛躍的に上げる唯一の方法と言ってもよい。

簡単に死ねる方法について述べる
 確実に死ねる自殺方法に関しても重要なことだが、いくら確実性が高いからといっても、グランドキャニオンのてっぺんから真下に飛び降りるなんてのは、ハードルが高すぎる。そもそも、アメリカまで行く金があるのならば、多分、その自殺志願者は死のうとしないであろう。

 だからこそ、今、身近な道具と手頃な価格で、しかもあまり時間をかけずに簡単に死ねる方法の模索が重要となってくる。

③確実死する方法について
 では、前置きはこれくらいにして、一体、どの自殺方法がベストな死に方なのか?と考えてみます。それはつまり、費用面、そして時間があまりかからないこと、そして確実に死ねる確率が高い自殺方法であること、死にたい時に、思い立ったら直ぐに、身近な道具を使用して実行できること、また、人間だらけの都市部であれ、人目を気にせずに実行可能な自殺方法であること、以上のことを総合的に勘案すれば、やはり王道の首吊り自殺しかないのではないでしょうか?

 ということで、結論としましては、死にたい時に確実に死ねる方法とは、首吊り自殺の方法がベスト、だということです。では、次から、首吊り自殺に死角は果たしてないのか?ということを詳細に検証していきたいと思います。


確実に死ねると評判の首吊り自殺とは?

確実性を極限まで高める方法[致死率100%を目指す]

 首吊り自殺で死ぬことにおいて、前評判通り、または完全自殺マニュアルや自殺サイトに記載してある自殺情報の通り、やはり簡単に死ねるのであった。しかし、本音を言えば、やはり危険なのだ、首吊り自殺は。

 今、まさに死のうとしているのに、なんで危険なんだ?と思うであろう。しかし、本当に首吊り自殺は危険なのです。そう、もしも失敗した時に反動というか、後遺症が、凄まじくリスクの大きなものとなるからです。

 確実に死ぬ方法というのは、逆を言えば、失敗した時に甚大過ぎるダメージを受ける可能性がある、ということです。逆に、全然、確実に死ねない自殺方法というのは、まあ、失敗する確率が極めて高いということの裏返しなのですが、それはつまり、失敗したとしても、大したダメージを負うことなく過ごしていける、ということでもあるのでしょう。

 死にたい時に確実に死にたいのなら、それは失敗する確率を吟味し、失敗する率が極限まで低い自殺方法を選択すべき、ということです。それが、確実に自分の命を奪うことが出来る、ということの裏返しですから。

※但し、首吊り自殺がいかに確実死できる方法だとしても、首吊りにも色々と種類があるのです。まず、地に足がつかない、所謂宙ぶらりんになるようなタイプの首吊り自殺です。これが一般的な、首吊りのイメージでしょう。勿論、これが最も致死率が高い。なぜなら、重力の作用により、全体重が、自分自身の身体にかかってくるからです。次に、ドアノブを使用した首を吊る方法というのもあります。こっちは多少、確実に死ねる確率は下がります。しかし、やはり身近な場所・時間・安い費用面ということで実現可能という範囲内で考えれば、十分、あり得る話です。


飛び降り自殺、飛び込み自殺等は、確実に死ぬ方法であるのか?[身体に外傷を負わせて死ぬ方法について]

 さて、首吊り自殺が確実に死にたい人向けに最もお勧めな自殺方法であることの理由については事細かに全説明しました。しかし、世の中の自殺志願者達がみんな、首吊り自殺を望んでいるわけではないのです。やはり、首を吊って死ねば、糞尿を垂れ流すとか、苦悶の表情のまま死に絶えるとか、誰にも未発見のままだと直ぐに腐りだす、蛆虫だらけになる、などといった懸念事項がありますから。故に、ここでは、確実死できる方法として、首吊り自殺以外の簡単に死ねる方法を紹介していきたいと思います。

飛び降り自殺や飛び込み自殺等の激突系の自殺は、確実に死ねるのか?の考察


①新幹線に飛び込み自殺したら、まず助からないよ~
 つい先日、超高速で走行中の新幹線に、線路の途中で飛び込み自殺した自殺志願者がいた、というニュースを知りました。その結果、その死にたかった人は、霧のように雲散霧消したそうです。このように、飛び込む電車の速度が早ければ早いほど、その自殺志願者の致死率は高まる、つまり、確実に死ねる方法となる、ということです。

 但し、勿論、電車や新幹線に飛び込み自殺することは、超多くの人間に大迷惑をかけることとなり、また金銭的な損害賠償もあなたの遺族に届くこととなるので、極力避けましょう。やはり、いくら死にたいからといっても、迷惑はかけてはいけませんよ。

②じゃあ、地面に激突すっか?
 つーことで、飛び込み自殺が倫理的にやってはならないことならば、地面に飛び降り自殺しますか?といっても、これも、必ずしも、確実に死ぬ方法であるとは言い難いのだ。なぜならば、助かる確率が、案外大きいからだ。勿論、単により高い場所から飛び降りればよいだけなのだ。しかし、そう簡単に死ねる方法というわけでもない。実に人体は不思議で、頭部や心臓部を強打でもしない限りは、案外、ここから飛び降りたら確実に死ぬだろう・・・というような高さであっても、意外に生き残ったりするのだ。

③毒薬を飲んで服毒自殺するか?
 でも、青酸カリも、ヒ素も、ドラッグストアでは売ってないよん。トラフグでも釣りますか?それで、肝でも食べますか?でも、トラフグの肝を食べたとしても、それでも確実に死ねるとは言い難いのだ。簡単に死ねるどころか、物凄い腹痛の末に、悶絶するであろう。

④睡眠薬自殺は確実に死ねるのか?
 全然死ねません。ハッキリ言いますが、現代の睡眠薬は致死率は極めて低いのです。だから、睡眠薬自殺などは、確実に死にたい人にとっては、論外の自殺方法となります。

⑤やっぱり首吊り自殺がベストなのでしょうか?
 とはいえ、やはりいざ、本当に首を括るとなれば、ビビるのは当然です。なにせ、一度、首を吊ってしまえば、地獄の苦しみが待っているのでしょうから。まあ、自殺霊となってからの方が遥かに苦しいのは事実ですけどね。


結局、確実に死ねる方法って何よ!
 まあ、いっそのこと、溶鉱炉に飛び込むとかならば、絶対に助からないと思われるので、確実に死ぬ方法と断言できるでしょう。でも、問題は、どうやって製鉄所に侵入するかです。やはり製鉄会社の面接を受けて、現場作業員に配属してもらいましょう。でも、それなら、案外、人生が上手くいって、もう自殺する気も失せているのかもしれません。


●確実に死にたいなら、どの自殺方法がベストか:即死系か、首吊りがベスト
●100%確実に死ねる自殺方法というのはあるか:ない。どの自殺の仕方でも、欠陥はある。故に失敗する可能性あり
●簡単に死ねる方法のベストは:お手軽さ、道具類の不要さ、時間の短さ等から、やはり首吊り自殺が最適